出荷目安
1色印刷
10/18(火)出荷
フルカラー印刷
10/18(火)出荷
クイック1色印刷
受付停止中
オリジナル缶バッジの作り方(画像つき)!ダイソー・キャンドゥで材料は買える

オリジナル缶バッジの作り方(画像つき)!
ダイソー・キャンドゥで材料は買える?
コラム

最終更新日:2022.07.12 人気の高い定番グッズである缶バッジ。現在では、100円ショップでオリジナルの缶バッジを簡単に作れるキットが売られているのはご存知でしょうか。 キットがなくても缶バッジの作成に必要なパーツを揃えることができればオリジナル缶バッジを作ることが可能です。 また、缶バッジを自作できる機械も市販で手に入れることができます。
そこで本記事では、オリジナル缶バッジの作り方について順を追って説明するとともに、知っているとお得なサービスやポイントもあわせてご紹介します。 実際に作成キットを使用した制作過程と完成品も載せていますので、ぜひ参考にしてみてください。本記事を最後までお読みいただき、オリジナル缶バッジ作成にチャレンジしてみましょう。

【画像つき】缶バッジの作り方

昨今ではオリジナルグッズを作るキットが100円ショップでも販売されるようになりました。 また、キットがなくても100円ショップで取り扱われているアイテムを代用して組み合わせることで、品質もしっかりしたものが作れるようになっています。 100円ショップは品揃えが豊富で価格もリーズナブルなので、有効的に活用していきましょう。
今回は、オリジナル缶バッジの作り方についてキャンドゥで販売している缶バッジ作成キットを使って説明します。ぜひ最後までお読みください。

100均で缶バッジ作成キットを買う

100円ショップで缶バッジ作成キットが売られていますので、お近くの100円ショップに行って買うとよいでしょう。 アマゾンなどで探しても缶バッジキットは見つかります。簡易的なプレス機は2、3千円から取り扱われており、本格的なプレス機は1万円台で手に入れられます。 今回用いるキャンドゥで売られている缶バッジ作成キットは、作成台座と専用パーツがセットになっているものを購入しました。別売で専用パーツだけのものも売っています。

作成台座と専用パーツがセットになっているものを購入

好きなキャラクターの紙や布を用意する

缶バッジにつける好きなキャラクターを印刷した紙や布を用意します。筆者は100円ショップで売っているデザインペーパーを使いました。 ほかにも、無地の紙や布に自分でマスキングテープやシール、ビーズやレースなどを施してみると、自分だけのオリジナルグッズを簡単に作ることができます。 元々のイラストにポイント使いでお好みのシールなどを施してみると、アクセントになってオリジナリティのある作品になります。 もちろん、素材そのもののよさを生かし、シンプルに仕上げてみてもよいでしょう。バランスをみながら挑戦してみてください。

ボンドで貼る

イラストや写真を印刷したものやお好みの布をボンドで貼れば、オリジナル缶バッジのできあがりです。 今回使用したキャンドゥの作成キットは接着剤不要で作成が可能ですが、缶バッジにつける紙や布の素材や厚さなどによってはうまく接着できない場合もあります。 念のため、ボンドなどの接着剤を用意しておくと万全です。筆者が作成した際は、おそらく紙の厚さなどの関係で接着が緩んでしまったので、ボンドを使って接着しました。 キャンドゥの作成キットでは、簡易式のプレス用の部品もついてくるので簡単に組み立てられます。

イラストや写真を印刷したものやお好みの布をボンドで貼る

お好みでフィルムも上から貼る(紙の場合)

缶バッジに貼り付けた紙がそのままの状態だと、濡れたり傷がついたりしたときに心配なので、お好みでフィルムを上から貼って補強してみましょう。 今回使用したキャンドゥの作成キットには、フィルムシートがついているのでそちらを使用しています。 紙に貼る際には、空気が入らないように慎重に端から貼っていくのがポイントです。 また、キャンドゥでは缶バッジカバーとなる部品が缶バッジの大きさ別に売っていますので、カバーを別途購入するのもよいでしょう。

お好みでフィルムを上から貼って補強してみる

缶バッジ(缶バッチ)のフィルムはダイソー・キャンドゥに売ってる?

キャンドゥの缶バッジ作成キットにはフィルムシートがついています。 キットについていない場合でも、ダイソーにラミネートフィルムシートが売っていますので、そちらを使用することができます。 ダイソーで売っているラミネートフィルムシートは、小さいサイズだとB7やB8、ほかにもA4サイズなど、さまざまなサイズが展開されていますので、用途に合わせてサイズを選んでみるとよいでしょう。

缶バッジを自作できる機械もある

缶バッジを自作できる機械も市販されています。楽天市場やアマゾンでも手に入れることができますが、価格は数千円のものから5万円以上のものまで幅広いです。 機械は、プレス機としての役割を持っています。順番に缶バッジ制作に必要なパーツを取り付けてプレスすることでオリジナルの缶バッジを自作できます。 機械を使って缶バッジを自作するメリットとしては、力が弱い人でもしっかりとプレスすることができるという点です。小さなお子さんと一緒に手作りをする際にも役立ちます。

高クオリティを求めるなら「オリジナルグッズプレス」で

高クオリティのオリジナル商品を制作したい場合には「オリジナルグッズプレス」がおすすめです。 オリジナルグッズプレスは、オリジナル商品を作りたい・売りたい人のための物販商品専門ECサイトです。 オリジナルグッズプレスでは、名入れ出荷が最短2日で可能であるほか、30個という小ロットでの発注から行えるなど、初心者にとってありがたいサービスが充実しています。
また、35年という実績で培った高品質の印刷技術があるため安心して利用できます。カスタマーサポートも充実しており、経験豊富なスタッフがお困りごとを解決いたします。

オリジナルグッズプレスが
選ばれる理由

  • 最短2日名入れ出荷

    最短2日名入れ出荷

    お急ぎのグッズ作成はお任せ!
    短納期でも印刷クオリティは変わりません

  • 000種類以上

    最大級のアイテム数
    2,000種類以上

    作りたいアイテムがきっとある!
    充実した品揃えで他にはないグッズ制作を

  • 安心サポート

    初めての方でも
    安心サポート

    グッズ制作35年の上場企業が運営!
    経験豊富なスタッフが悩み事を解決します

オリジナルグッズプレスでグッズを探す

オリジナルグッズプレスで缶バッジを作成する

激安で高品質なオリジナルの缶バッジを最小ロット30個から作成できます。様々なサイズ、形状を取り揃えております。

おすすめの缶バッジ

作り方を見ながらオリジナル缶バッジを作ろう

今回は、実際にキャンドゥで販売されている缶バッジ作成キットを使って、オリジナル缶バッジの作り方を解説しました。定番グッズとして人気の缶バッジですが、現在では100円ショップのアイテムを使って作ることが可能になっています。ご自身で普段スマホやデジカメ等で撮った写真を印刷して缶バッジにつけることで、手軽にオリジナルグッズの制作ができます。

ハンドメイド作品として友人への贈り物や記念品にしても素敵な思い出となります。缶バッジを自作できる機械もリーズナブルな価格で売られていますので、小さなお子さんのいるご家庭の方などは検討してみてもよいでしょう。新しい趣味を開拓したい方にも身近な材料で始められるのでおすすめです。

※商品価格の変更や、販売が終了している場合がございます。あらかじめご了承ください。

こばやし
WRITER はせがわ

株式会社トランス イーコマース部

ノベルティ・オリジナルグッズ業界2年目。サイト更新やメールマガジンなどを担当。
コラムや特集記事を通じておすすめの商品をご紹介いたします。

このライターの記事を見る

ログイン
お問い合わせ
商品一覧